引張コイルばね

指定荷重、様々なフック形状に対応いたします。コイル端部も極限まで絞り込み可能です。

引張コイルばねイメージ
特徴

圧縮コイルばねと同様に、よく用いられるばねの一つで圧縮コイルばねとは、反対の引張り荷重を受ける用途に用いられます。
一般的には、コイル両端部は荷重を受けるためのフックとよばれる形状になっていますが、使用用途により形状は多種多様となっています。
初張力を有効に利用しスペースを小さくするために、コイル部は密着巻にするのが一般的です。
引張コイルばねは、両端フック部に応力が集中し破損が考えられるため、フック部の形状や応力の計算には注意が必要です。

匠・技 (製造内容)

多種多様のニーズにあわせた引張コイルばねをオーダーメイドで製作。
線種、多彩なフック形状、指定荷重、小ロットから量産まであらゆるご要望にお応えします。
機械工程のみで極限までコイル端部を(右写真)絞り込む事が出来ます。

熱意

意図した荷重がでない、フック部が破損するなど、些細な事でもお困りな事がありましたら、引張コイルばねの問題解決いたします。お気軽にご相談ください。

納入例

自動車関連、オートバイ関連部品、園芸用品、農業用機械部品、各種機械部品、電動シャッターなど

ばねギャラリー
引張コイルばねのフック部及びコイル端部の主な形状

お見積もりフォームへ
お問い合わせ番号